2007年10月28日

クレジットカードの現金化とは

インターネットで、クレジットカード現金化を検索をすると、多くのサイトを見ることができます。

クレジットカードの現金化とは、枠一杯までクレジットカードのキャッシング枠を利用した人だとしても、現金を用意することができるというものです。

借金をしている人の中には、クレジットカードで借りられる金の限度額ギリギリまで借り切ってしまっているという人もいます。

このように、クレジットカード現金化は、どうしてもお金を必要としている場合に使えわれる方法だといえます。

クレジットカードでショッピング枠を使って商品を購入し、キャッシング枠とは別のところで使います。

クレジットカードで購入した商品をクレジットカードの現金化を売りにしている業者に買い取ってもらうことで、現金化するというシステムです。

2007年07月25日

クレジットカード現金化の仕組み

クレジットカード現金化をする会社は、どんなからくりを使っているのでしょう。

クレジットカードがあれば現金化が可能だという会社は少なくありません。

会社によって、どのように現金化するかは差があります。

買取屋という呼称で呼ばれている、クレジットカードを現金化しているところも存在します。

クレジットカードを用いて、利用者はまず買い物をします。

そこで購入した品物を買取屋が購入し、利用者の手元には現金が入るという形を取るわけです。

買取屋は、クレジットカードの持ち主が持ち込んできた品物を高値で転売して、自分の収益としています。

利用者に渡す金額は、業者が転売して得る金額より低くしているので、業者は利益を得られるのです。

2007年07月17日

クレジットカード現金化で得られる金額

とにかく今すぐにお金が欲しいという人が取る手段が、クレジットカードの現金化でしょう。

何はさておき現金が手元にないとどうしようもないという立場にある人は、クレジットカードが現金化できることは嬉しいことでしょう。

とはいえ、クレジットカードを用いての現金化は、悪質な業者に食い物にされるきっかけになりかねません。

そのため、クレジットカードを現金化しようとしても、さほどの金銭にならなかったという方もいます。

クレジットカードを現金化してても金銭を得たいという方は意外と大勢いるようです。

もしもクレジットカードを現金化するという会社が悪徳な業者であったとしても、即金でお金が手に入るならそれでいいと考える人がたくさんいるためと考えてもいいようです。

2007年07月07日

注意点

購入した商品を業者に売ってクレジットカードの現金化をしたとしても、クレジットカード会社への支払いがきちんと継続して行われていれば、特に何の問題も起こらないかもしれません。

けれども、クレジットカードを現金化するほどの経済状況にあるという方が、借り入れたお金を確実に返しきれるのでしょうか。

最悪、支払いのための収入が足りずに自己破産を申請しなければならないかもしれません。

月々の返済が滞った場合、クレジットカード会社から、購入した商品をこちらに戻して欲しいという要請が利用者に届くという状況も起こりえるようです。

ショッピング枠で決済をしたサービスの支払いが完全に済んでいない段階で自己破産手続きを取った時に現金化が済んでいたという場合、詐欺罪にもなりえます。

クレジットカードのショッピング枠を現金化したいという方は、どんな危険性が内在しているかも知っておきましょう。

2007年05月27日

ショッピング枠で買った商品の所有権

クレジットカードを現金化する方法があるようですが、利用するには注意が必要です。

クレジットカードのショッピング枠で買い物をした場合、買った商品は買い物をした人の所有物ではありません。

クレジットカード会社への支払いが済むまでは、原則としてクレジットカード会社の所有物になります。

基本的に、ショッピング枠で買った商品は、所有権がクレジットカード会社にあるうちは売り払えないことになっています。

支払いが済んでいないカード買いした商品をまた売りすることは、規約違反となります。

商品の支払いが完全に終わっていないないのに、入手した商品を質に入れたり、別なところに売り払ってしまうような行為は、カード会社との契約違反に該当します。